進撃の巨人 2話 ネタバレ あらすじ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

進撃の巨人 2話 あらすじ ネタバレ 説明

第2話 『 その日 』

周知の通り今から107年前
我々以外の人類は‥

巨人に食い尽くされた

”巨人”襲来

アルミン≫あ‥ありえない巨人は最大でも15mのはず‥!50mの壁から頭を出すなんて

エレン≫動くぞ!!

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ(シガンシナ区が揺れる音)

ゴゴゴゴゴゴドッゴォォォ(シガンシナ区の門が”巨人”によって破壊された音)

アルミン≫‥‥‥‥か
‥壁に‥‥穴を開けられた‥!?

ぎゃあぁあぁあぁあああ
ゔぁあぁぁああぁあああ
町の人々が叫びながら逃げる

アルミン≫逃げるぞ!二人とも!早くしないと”巨人”が入ってくる!!

アルミンが巨人から逃げようと遠ざかると
エレンは逆方向に走る

アルミン、ミカサ≫エレンッ!?

エレン≫壁の破片が飛んでった先に家が!!母さんが!!

エレンは家の方向へ走り
その後をミカサが追う。アルミンは震えて立ち止まる

アルミン≫もう‥‥駄目なんだ‥この街は‥もう‥

無数の巨人に占領される!!

母さんの元へ無心で走るエレン、ミカサ

エレン(家に当たってるわけがない)

(とっくに逃げたに決まってる)

(あの角を曲がれば‥‥)

(いつもの家が‥‥)

(いつもの‥)

エレン≫ハッ‥!!ーーーーーークソッ!!

壁の破片がぶつかって家はすでに潰れていた
母さんは柱の下敷きになっていて身動きがとれなかった
のでエレンとミカサは柱を退けようと必死に頑張った

エレン、ミカサ≫!!?
(シガンシナ区に巨人が入って来る)

エレンの母≫きょ‥巨人が‥入って来たんだろ?
エレン!!ミカサを連れて逃げなさい!!早く!!

エレン≫逃げたいよオレも!!早く出てくれよ!!早く!!一緒に逃げよう!!

エレンの母≫母さんの足は瓦礫(がれき)に潰されてここから出られたとしても走れない‥わかるだろ?

エレン≫オレが担いで走るよ!!

エレンの母≫どうしていつも母さんの言うこと聞かないの!最後くらい言うこと聞いてよ!

ズシンッ ズシンッ

ズシン ズシン
(巨人が近づいて来る足音)

エレン(このままじゃ 3人とも‥!)

ハンネスが来る

ハンネスさん!!

エレンの母≫待って!!戦ってはダメ!!

ハンネス≫‥!?

エレンの母≫子供たちを連れて‥逃げて!!

ハンネス≫見くびってもらっちゃ困るぜ カルラ!オレはこの巨人をぶっ殺して きっちり 3人とも助ける!

ハンネス(確実に‥確実に二人だけは助ける方を取るか‥)

(”巨人”と戦って全員助ける賭けに出るか‥)

(オレはーーー!!!)

ハンネス≫‥!

巨人がハンネスの目の前に現れ
ハンネスの顔が青ざめて息をのむ

ハンネスは確実に二人だけは助ける方を取り
エレンとミカサをかつぎ上げその場から逃げる方へ走った

エレン≫オ‥オイ!? ハンネスさん!?
何やってんだよ!!オイ‥母さんがまだっ

エレンの母≫エレン!!ミカサ!!生き延びるのよ‥!!

ハンネスにかつがれたエレンとミカサが遠ざかる

エレンの母≫行かないで‥

”巨人”が潰れた家から母さんを持ち上げるも

エレン≫やめろぉおおおおおおおお

パキパキと音を立てながら
母さんは食われてしまった。

母さんを”巨人”に食われた現場を見ていた

エレン≫もう少しで母さんを助けられたのに!!余計なことすんじゃねぇよ!

ハンネスが抱えていたエレンを放り投げ

ハンネス≫お前の母さんを助けられなかったのは‥お前に力がなかったからだ‥

オレが巨人に立ち向かわなかったのは‥

オレに勇気がなかったせいだ

すまない‥

ハンネスもエレンも泣き喪失感に襲われる

シガンシナ区の入門
船で町の人々はウォールマリアへ避難しようと
船の周りは混雑し船に乗りたい人々が大勢押しかけていた

駐屯兵団A≫これ以上は危険だ!閉門しろ!

駐屯兵団B≫なにゆってるんだまだ中に大勢の人が残っているんだぞ!

駐屯兵団≫A≫この門が破られたら街1つが巨人に占領されたどこの話じゃない!!
次の壁まで人類の活動領域が後退するんだぞ!

駐屯兵団≫閉門しろ!急げ!巨人が突っ込んでくるぞ!阻止しろ!なんだ こいつ!?武器が効かない

ドォォォォォ ォォォオオオオ

駐屯兵団≫扉が‥!!

町の人々≫ウォール・マリアが‥‥!!突破された‥!?

おしまいだ‥また人類は‥巨人に食い尽くされる‥

エレン(もう‥あの‥家には 二度と帰れない)

(どうして最後までロクでもない口喧嘩しかできなかったんだ!)

(もう‥母さんは‥いない どこにもいない‥)

(どうしてこんな目に‥)

(人間が弱いから?弱いヤツは泣き喚くしかないのか!?)

エレン≫駆逐してやる!! この世から 一匹残らず!!

訓練兵を卒業したエレン

100年の平和の代償は惨劇によって支払われた
当時の危機意識では超大型巨人の出現に対応できるはずもなかった‥

その結果‥先端の壁「ウォール・マリア」を放棄
人類の活動領域は現在我々のいる「ウォール・ローゼ」まで後退した

自らの命を捧げて”巨人”という脅威に立ち向かってゆくのだ!心臓を捧げよ!!

新兵となったエレンは過去の事らを思い出したながら
巨人を一匹残らず駆逐することを昔同様強く決心している

訓練兵の指導者≫本日 諸君らは「訓練兵」を卒業する‥

その中で最も訓練成績が良かった上位10名を発表する

首席 ミカサ・アッカーマン
2番 ライナー・ブラウン
3番 ベルトル・フーバー
4番 アニ・レオンハート
5番 エレン・イェーガー
6番 ジャン・キルシュタイン
7番 マルコ・ボット
8番 コニー・スプリンガー
9番 サシャ・ブラウス
10番 クラスタ・レンズ

ー以上10名

エレン(やっとここまでたどり着いた‥)

(今度は人類の番だ 今度はオレたちが‥)

(巨人を食い尽くしてやる!!)